施工業者も腰引く?!大改修



施工:丸和工業



築50年の住宅。祖父、父の代に何度も増築、改修を重ね、雨漏りも日常茶飯事。

「増築、改修の良い思い出がないので、思い切って建て替えたい・・・・」
「でも、玄関周りなど、入母屋づくりの和風の風情はこのまま残したい・・・」
「お嫁に来て以来、空けたことの無い部屋もあるんです。どうなっているのか・・・」

建て主さんの揺れる気持ちはとてもよくわかります。
リフォームする時に誰もがここで悩みます。建て替えか、改修か。
床がベコベコしている家を改修して、新築並の満足度がはたして得られるのか・・・。

今回の場合、過去に増築した部分の取り合いの部分がかなりひどい状態でした。
ですが、屋根瓦は最近葺き替えたばかりで、とても良い状態でしたし、
建て替える場合でも、玄関周りのデザインはまったく同じに再生して欲しい、
子供のアレルギーなどを配慮して新建材などは極力使いたくない、
また、使い込んだ木の感じが好き、
とのことでしたので、「それなら!」と改修を提案しました。

既存の建物が十分広かったので、初回は改修のみのプランを持って行きました。

「改修と決めましたが、やっぱり、新築したい・・・」と相変わらず揺れる心。

「では!」と子供部屋と夫婦寝室のみ、まったく新しく増築し、渡り廊下風に
母屋とつなげるプランを提示。これで、揺れる気持ちに折り合いがついたようです。


過去の増築工事で痛んでいた部分を
基礎・土台から屋根まですっきり改修!
増築前の敷地整備の様子
(右手前は既存外壁改修部分)

↓改修後
左側正面が増築部分、右側部分が既存外壁改修部分
正面奥には坪庭があります!
増築部分と既存部分、ここまで違和感無く納められるのは、
木造のならではの醍醐味ですね!やはり、圧倒的に自由度が高いですから。


既存(手前)と増築部分を結ぶ渡り廊下。
増築部分は、洋室しかないので、
和のテイストは守りながら、
扉のデザインなどを洋風にしています。
既存の和のデザインと見比べてみて下さい。

廊下左手が明るいのは、坪庭があるから。


NEXT