それぞれの個性を楽しむ二世帯住宅
埼玉県北本市


親世帯部分



和のテイストを生かしたリビングです。(床・桜フローリング、壁・漆喰、天井・杉板)

右手奥の桜色の襖戸の奥が寝室になっています。

奥の寝室の上には、居間の吹き抜けに面してロフトがあり、お孫ちゃんの格好の遊び場になっています。

リビングから寝室、洗面室(浴室)へとダイレクトにアプローチできます。

すべての空間が引き戸で有機的につながっています。中間に廊下がないので、温度差が無く、もちろん段差も無いので、将来的な介護まで視野に入れたつくりとなっています。

リビングの横には掘りごたつのある茶の間があり、食事はそこで。

黄色の襖戸を開けるとキッチンにつながります。

←襖を閉じたところ

→襖をあけて台所へ