トップページへ
埼玉県さいたま市    平成22年1月竣工
               トップページへ戻る

材料を大豆に特化した大豆スウィーツのお店の新規改装工事です。
これまで路面店を持たずに通販で大豆製品を販売していたオーナーが
大豆の良さを知ってもらうには・・やはりオリジナルの製品を開発して路面で売って行きたい!!
と、一念発起してオープンした小さなお店です。

大豆製品・・・健康に良いのはわかっているけど・・おいしく!食べたい。
誰もがそう思いますよね。そんな思いをかなえるお店ができました。






とにかく駅から近い!!
人、車とも交通量の多い通りに面している!!
総合病院の向かいである!!

という立地の良さだけで決めた貸し店舗。
既存はこの通り何の変哲もない貸事務所でした

住宅の設計と違って店舗の場合・・・
まずはお店のコンセプトづくりが何より大事です。

大豆スウィーツの何が売りなのか
誰に売りたいのか
どんな商品を展開するのか

建築設計の仕事ではありますが
そんなお店のコンセプト作りから関りました。

健康に意識の高い女性向け・・・

ということで、優しい雰囲気のデザイン・・
テーマカラーを焦げ茶とローズピンク、
そして、大豆の色である薄ベージュとしました。





改装前(何の変哲もない事務所)



しかも!!店舗面積はたったの7坪しかありません。

そこにお菓子工房と販売スペースを作りたい。
かなりの割り切りが必要になります。
当然のことながら予算も厳しいですし・・。

ごくごく小さなお店でも、
通りがかりの人がつい、入りたくなってしまうような店づくり。

そのための演出とは・・

お菓子を製造している様子が外からのぞける。

工房の良い香りで人を惹きつける

狭くてもゆったり感がある

改装後の店舗


黄色い部分が工房。製造のために必要な機器類をレイアウトすると
どうしても工房面積を広くせざるを得ませんでした。
残った店舗は、売り場は何と3畳にも満たない狭さです。
他にレジスペース・事務スペースなどが約2畳。


テーマカラーの大豆色とローズピンクでまとめた店内



この工房内の風景が
来店した方の視界に入るようにレイアウト

店舗の改装工事が住宅と大きく違う点はもう一つ。
それは工事期間です。特に貸し店舗の場合。
工事期間中も当然のことながら家賃が発生しますので
工事はなるべく短期間で、なるべく早く開店して収入を上げないと・・・

というわけで・・お正月早々、職人さんを手配してのスピード感あふれる現場となりました。



工期:10日間  工事費:200万円 設計監理料:20万円

【店舗のご案内】

SOYSTYLE SWEETS


詳しくはお店のHPをご覧ください

トップページへ戻る

大豆スウィーツのお店