主婦と生活社刊 美しい部屋別冊
『快適な終の住みかを手に入れるリフォーム実例集』 
2010年11月

p30〜p32

定年後夫婦二人が安心・安全で楽しく暮らす





【将来の生活を見越したリフォーム】

現在は2階が寝室となっていますが、将来の介護をも見据えて、1階ですべての生活を賄えるように配慮して全面的なリフォームをしました。

床の段差を無くすことは無論ですが、床暖房を入れて快適な温熱環境を整えること、収納計画も綿密に行いました。

しかしながら、一番大事なことは、今の自分が楽しめる空間にすること。今が充実していれば、元気で長生きできます。元気なうちに、自分のしたいことをする。そんな気持ちをバックアップしてくれる家づくり、大事にしたいものです。

動きやすくて、片付けやすい、そして家族の会話が多い家。それこそが理想の終の住みかと言えるでしょう。


HOME