読売新聞 2010年3月10日(朝刊)
くらし・家庭欄

ソーラーシステム〜屋根で暖気を集め家中に循環


太陽熱で屋根下に設けた空気層の空気を暖め、自然の上昇気流で棟に暖気を集めます。
集めた暖気を大きなファンで強制的に床下に送り、床や部屋の空気を暖めてくれます。
このシステムの最大の魅力は、LDKのほかに、玄関、洗面室、トイレ、廊下など
通常の床暖房では敷設しづらい(ランニングコストがかかるので)場所にも敷設でき、
家全体の温度差が無いことでしょう。

「他の家に行くと、玄関入った瞬間から寒くて!すぐ我が家に帰りたくなります(笑)」

と、よく建て主さんから言われます。また、夏の夜の放射冷却による涼しさも、
建て主さんからは大好評です。「冬の暖かさは当然として、夏こんなに涼しいなんて。」


今回紹介された住まいの詳細はこちら

ソーラーシステムの詳細についてはこちら




HOME