南欧風な我が家

動画がこちらでご覧いただけます!

埼玉県さいたま市
(施工会社:株式会社高梨建設)


30代の若いご夫婦が、土地を買っての家づくり。

親御さんが方位学の先生ということで、家相に大いに縛られる家づくりがスタート。

この方位に水廻りはダメ、平面は西側に張り出しをつけて!
など、なかなかの難題が課せられました(笑)。

ですが、平面計画に入る前に、方位的なNGポイントを出して頂いたおかげで
方位に縛られた割には、スムーズにプランニングができました。

ですので、方位を大いに気にされる方は、
プランができた後に方位学の先生にアドバイスを頂くのではなく、
プランに入る前に良い方位、悪い方位を設計者に伝えることをオススメします。

プランが出来上がってから、あれこれ方位をいじりますと、
全体のバランスが悪くなり、結果として使い勝手の悪い家が出来てしまいますので。


【エピソード1】
5月に土地購入の相談があって、方位学的に年末までに引越したい!
「あ、いやそんなに早くは無理です、家づくりは急いでは駄目ですよ」
と一度はご依頼をお断りしたのですが・・結局断りきれず・・

打ち合わせを通常の3倍速モードで進め(一週間に2回とか・・夜も・・)
9月には着工を間に合わせました。多少残工事があっても良い、ということで
無事、12月末ぎりぎりに引越され、年明けからゆっくり外構工事などをやりました。
やれば、できるものですね、最初は無理!とお断りして申し訳ありません(笑)

【エピソード2】
新しい家に引っ越して1年後、長男が誕生!
大吉相の家の面目躍如です(笑)

家族構成:
30代夫婦+長女(2才)

構造:在来木造2階建
敷地面積:179.5u(54.30坪)
建築面積:77.84u(23.54坪)
延床面積:135.80u(41.07坪)
建築費:2400万円
(外構含む)

北側外観。当初の打ち合わせより、「外壁は黒系で」とご希望されていましたが・・
イザ!何を張る?!という段階になって大いに迷われたようです。
で、このような黒x白のツートンになりました。

バス通りに面していますので、玄関扉が直接道路から見えないように工夫しました。
左手前の黒い外壁の裏側に玄関扉があります。
道路から正面にアプローチして、突き当たりを左に曲がると
そこが玄関ポーチとなっています。


やんちゃ盛りの2歳の子どもがいるので、子育てしやすい家づくり!がテーマです。
家の中で子どもがのびのびできて!それでいて散らかりが気にならない!
子育て世代にとっては、究極の願望ですね(笑)


リビングから右手手前がキッチン、右中食卓、右奥「家族図書室」を見たところ。
真ん中の焦げ茶のスリット壁は、インテリア的なアクセントでもあり、
構造を支える重要な壁でもあり、そして、散らかり部分が見えそうで見えない!
魔法の仕切りです。ゆるく仕切る、小さな子どもがいるご家庭にはオススメです。
散らかしっぱなしOK!の「家族図書室」については他の物件にて詳しくご紹介しています。

手前キッチンに立ったときの目線。
左手奥のリビングの子どもの様子、
正面奥の家族図書室での様子も一目瞭然です。
家族図書室からダイニング、リビングを見返す。
これなら、子どもも安心して
散らかしっぱなしOK!の家族図書室で遊べます。
だって、どこにパパとママがいるか
すぐわかっちゃうんだもん!

家族図書室の中をのぞくと、このとおり。
低い壁の裏には、おもちゃはもちろんのこと!子供用のタンスやら、お昼寝グッズ完備。
パソコンコーナーも散らかる場所なので、ここにまとめて。
パパさんも持ち帰りの仕事をここで。家族団らんしながら仕事?(できるかなぁ〜)。


キッチン近景。建て主さんのインテリアのお好みがとてもはっきりしていて、
室内全体のしつらえに統一感があり、オシャレに仕上がりました。

システムキッチンの扉のダークブラウン色に合わせて、
後でお買いになった家電類もすべて黒で統一。
ダークな色がお好きではありますが、部屋が暗くなるのはイヤ!
ということで、床を白系にしました。
色味を徹底することと差し色を使う、これがオシャレ感を出すポイントでしょうか。



NEXT HOME
子育てに忙しい貴方へ
家づくりネット講座(こども編)開講中です。