山梨県上野原市

(マスコミ記事へ)


「散かしっぱなしOK!の家族図書室のある住まい」が好評で、今回はその進化型です!!
建て主さんは、「家族図書室」の事例をHPで見て、連絡をくださいました。

小学校4年生の長女を筆頭に、ゼロ歳の次男まで、子どもが4人の共働き家族です。
夫は家事・子育てともに非常に協力的なのですが、出張が多い仕事なので、
妻一人で4人の子どもの面倒を見なければならない日も多く、非常なハードな日常生活です。
本人を含め、子どもたちがアレルギー体質なこともあり、忙しい毎日でもオムツは布で手洗い、
オヤツは手作り、洗濯はせっけんで、しかも、綺麗好きなので、洗濯・掃除好き・・・・。
洗濯は、毎日2〜3回以上。洗濯ものの量は半端ではありません。
それを、フルタイムの仕事の合間にこなしているというですから・・・
いったい、いつ寝ているんでしょう?!本当に脱帽です。

しかしがら、あまりも大変なので!!新しい家では、どにかく子育てのしやすい家に、とスタートしました。
「核家族で4人の子育てをするのは無理!」と割り切り、
近くの(血縁のない)おじいちゃん、おばあちゃんの手も借りちゃおう!作戦をしかけることにしました。

「子育てを地域で」が合言葉です。


それには、家のつくりに工夫がいります。そこで

「子ども溜まりのある家」を提案しました




構造:在来木造2階建
敷地面積:281.52u(85.15坪)
建築面積:92.74u(28.05坪)
延床面積:141.59u(42.53坪)
建築費:2700万円
西側外観。手前の2mの狭い道路は、奥が行き止まりのこともあり、まったく車の出入りがありません。
つまり、こどもたちが安全に遊べる空間です。
一方で、その奥には市立病院があるため、地域のお年寄りが、歩いてこの道を通ってきます。
ですから、人の目が常に行き届き、見守りには最適の場所なのです。

玄関は、軒を深くし、保育園の送り迎えの時に雨に濡れないよう配慮しました。最大で、奥行きが2.7mあります。
正面右側の窓の部分が、「子ども溜まり」。右横の通路から庭へ廻ると、中に入れます。
手前の道から、中の様子がわかるので、近所の友達も「おっ!誰かいるぞ!!」と次々と集まってきます。





「子ども溜まり」って何??!!

ここが自慢の!
「子ども溜まり」7帖。

保育園みたいでしょ。
楽しそうでしょ。
みんな集まってくるよ。
子ども溜まりの上は、吹き抜けになっているんだよ!2階の子ども部屋から、ロープを伝って、いったりきたりができるんだ。
「ターザンごっこ」最高!

「ねぇ、はやく僕にも代わってよ〜」




「子ども溜まり」があるとどんないいことがある?

散かすのが仕事の子どもと、片付いてすっきり暮したい大人のスペースを分けることができるので
「片付けなさい!!」とガミガミ言わないですむ。

親業がラクに、楽しくなる。

子どもをノビノビ育てることができる。

個人の家を地域に開放することで、多世代の交流が活発になり、子ども力が育つ。





ダイニングに面した「子ども溜り」の窓からのぞく、子ども達の顔。
仕事から帰ったあと、忙しく食事のしたくをするお母さんと
おしゃべりをしながら、遊んだり、宿題をやったり。
右手の棚は納戸。買い置きの食材などを収納しています。
食事をするときは、壁に引き込まれている扉を閉めて。
キッチン・ダイニング方向から「子ども溜り」を見たところ。
ダイニングは、くつろぐ場ではなく戦場だそうです。
ですから、ダイニングは「子ども溜り」と同様、
散かしっぱなしOK!のスペースです。
キッチンをはさんで反対側の手前に居間があります。





くつろぎのスペース居間から、さらに静かな和室を見る。
キッチンからこっちは、散かさないでね〜、たのむから。




大人玄関(散かしちゃいけない来客用)から、子ども玄関をみたところ。
こどもの靴って、散らかるんですよね〜。
学校から帰った子ども達は、格子戸の向こうの子ども玄関で靴を脱ぎます。
近所のお友達もね。ここから、納戸→「子ども溜り」へと続いています。
左側、下駄箱の上にある小窓は、台所へと続いていて、
「ただいま」とここで子どもが声をかけると、お母さんの顔がここからのぞきます。



NEXT HOME
子育てに忙しい貴方へ
家づくりネット講座(こども編)開講中です。