書庫付!家族図書室のある家 PartZ
静岡県浜松市


 【キッチン・家事まわりの工夫】


育ち盛りの子どもが3人。食べることだけも大変ですね。
まして、共働きとなれば、家事は合理的に!が必須です。
徹底的に話し合い、とことん使い勝手にこだわりました。

食堂からアーチ壁越しに居間、階段を見る。
正面の食器棚は作り付けです。
見せて飾りたい食器はこちらへ。
右奥は洗面室への扉。
その途中の右手に衣裳部屋、左手に家事納戸。

食堂からキッチン方向を見たところ。
右手に少し家族図書室が見えています。
キッチン背面には2.7メートルの家電置き場、
食器棚を擁し、家事効率を上げます。


上の食器棚の扉を開けると・・・
トースターが引き出せるようになっています。

毎朝、朝食は時間との戦い。
こんなちょっとした工夫が生活にゆとりを。

洗面室手前の左扉を入ると・・家事納戸↑
ここに勝手口があり、ゴミ出しなど
裏周りの動線を支えます。
ここは日用品や食料などストックもの置き場。
また、雨の日の物干し場にもなります。
急な来客にも、とりあえず何でも突っ込め?!
そんな、働く主婦には心強い裏方です。

洗面室手前の右扉を入ると・・衣裳部屋↑
家族全員の衣類をここで一手に引き受けます。
子どもが小さいうちは、洋服の管理は親の仕事。
それをそれぞれの子ども部屋でするのは大変!
ということで、一箇所に集中させることにしました。

お風呂に入る前、朝起きて歯磨きしたら・・
ちょっとここへ寄り道。こんな工夫も
家の中が散らからない要因です。

家事納戸から出入りする勝手口↑
外に宅配便専用の棚をつくりました。
生協などの食材はここに配達。

帰宅時は、ここで食材を取り
ストック物は納戸に置き、
今日必要なものだけキッチンへ。
便利ですねぇ〜。


↑すっきりオシャレな玄関。
実は右手にシューズインクロークがあります。
家族が多いと靴の数だけでも大変ですね。

インテリアは白系で統一、淡い雰囲気を楽しんで。

玄関を見返したところ↑
土足のまま入れるシューズインクロークです。
季節外の靴やコート・傘、塾のバックなど・・・
パパの大事な自転車もここに。
家の中には、ホントいろいろな物がありますね。
いちいち定位置を決めてあげるのがコツ。


下駄箱の秘密↑
玄関入って見えない場所に鍵とハンコの置き場。
こういうものって、置き場に困るんです。

一階和室前にあるデッキテラス。
正面奥に見える白い扉は外専用の物置。
庭道具も意外と散らかります。
別置きの物置は美しくないので・・造り付け。




NEXT BACK HOME
子育てに忙しい貴方へ
家づくりネット講座(こども編)開講中です。